読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寒い日の夜は、膝関節が成長期。

MacminiとiPadminiでゴニョゴニョしてます

財務管理を嫁に任せる

知り合いのタレントさんのお話。
なかなか売れない時期も支えてくれ、マネージャーでもある嫁さん。

売れ始めたら家計も楽になり、嫁さんはマネージャーのみの仕事にシフト。
毎日が楽しく、買えなかったもの、美味しいもの、高級料理などをSNSに上げるようになりました。
はじめは苦労したんだからと・・・周りもそう見てました。
が、2,3年経ち、いつまでも浪費は止まりません。
他の友人は次第に「旦那が稼いだ給料なのに。」といった声も聞くようになりました。

そして、タレントさん本人が大きい買い物をするため家計を覗いたところ貯金が思ったよりもない。。
「オレがいままで、これくらい稼いだはずだ。どうなってるんだ」と、
激怒して、いろんな人に「うちの嫁バカなんだよー」と飲みに誘い。私も誘われ。。。
お金を意識して働きたくないからと嫁に任せっきりで監視してなかった甘さが彼にもある。

美味しいもの食べても、着飾っても、旅行行っても、目的意識がズレていたら、それは延々と繰り返す浪費。

行き着く話、やっぱり旦那が働いてくれているからこそのお給料。
嫁からすると、昔の苦労が報われ、自由な気持ちと、旦那への甘えた気持ちだったのかな。
本人にしかわからない。わからないから我々は飲む。ひゃほー