読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寒い日の夜は、膝関節が成長期。

MacminiとiPadminiでゴニョゴニョしてます

プロフェッショナル 仕事の流儀 「“最後の職人”~ニッポンを支える男たち~」

文字起こし 行間を読んでみた

大量生産・大量消費の時代に、“最後の職人”と呼ばれる男たちがいる。引退までの残された日々を、己が積み上げてきた最高の技術で、最高のモノを残そうと奮闘している。そこには、半世紀以上にわたる職人人生でたどり着いた境地がある。凝縮された仕事の流儀がある。今回は「漆かんな」「江戸やすり」の職人に密着。激動の時代を生き、喜びや悲しみを味わってきた職人たちが迎える“最後の日々”をオムニバス形式で紹介する。

2月22日(月)22:00放送

気になる言葉を文字起こし

師匠:
見て覚えてほしい。
自分がやる気になれば、いろんなところに目配りがいく。
言われているときは、(自分なんかもそうなんだけど)覚えたような気がするのね。
言われて、なんだかんだって、やってるときっていうのは
芯からそれをやってるような気がしないんだよね。

ナレーション:

父からも一言も教わってはいない。
教えられては身につかない。

自分の目で見て、ひとりで考え続けてこそ ものにできる。

師匠:
自分に関わったものがあれば、常に触ってみているはず。
それは自分の鍛錬ですからね。
人の鍛錬ではなく、自分の鍛錬ですから。
それを惜しめば、普通の決まったものしか作らない感覚になるかな。と思います。